仕事エキスポ58

仕事の安請け合いはNG!!

私が以前働いていた職場で、実際に起きた出来事です。経費節減から部署の統廃合を行うことになり、これまで私のチームで行っていたプロジェクトのひとつについて、そのままの態勢で行うのか、それとも別の部署に移管するのかを話し合うことになりました。我々のチームは人員削減をされたことから、想定される移管先の上司にはあらかじめ根回しをし、当該プロジェクトをお願いしてもOKとの返事をもらっていたのです。ところが…。

いざ新体制が動き出してしばらく経ったある日、例の上司に呼び出され、「あのプロジェクトは君のところでやるべきものだ」という説教を、他の社員が大勢いる中で延々とされる羽目になったのです。

事前に了承を得ていたにもかかわらず、納得のいかない不満をぶつけられ、「これはフェアではない。そういう話は事前に相談を持ちかけた際に言うべきことだ」と申し上げたところ、今度は私の立場について「孤立無援で味方がいないからこういうことになる」などと、全く意味不明の罵詈雑言が出る始末。ほとほと呆れるとともに、日本の企業で働くどれほどの人が、同じような理不尽な目に遭っているのか心配になりました。

現在、その上司が行った行為はパワーハラスメントであると会社に申し出ており、改善要求をしていますが、一向に状況が変わる様子もありません。人の上に立つ者として、仕事の安請け合いは絶対にしてはならないと自分は考えますし、ましてや後出して、一度引き受けたことに理不尽な苦情を言うなどあってはならないことだと思います。

日本の企業がもっとフェアな人間関係を重視し、上下関係も横の繋がりも、ともに風通しの良い環境になることを願うばかりです。

人の上に立つ人

学生時代のアルバイトを経て、ありがたいことに某店の店長をしていました。 採用してくださった当時の店長や、以降お世話になった方々からの推薦もあり 小さな店舗ではありますが初めてのマネジメント業務。 筆者は関西在住ですが、店舗管理者セミナーを受けるため関東に出張に行き数々の大切なことを学びました。 ついこの間まで同じスタッフの立場だったのが店長になるというのは難しいことですが だからこそ見つけた過ごしやすい仕事環境の作り方について考えてみました。

上司になる方々は部下のしたことの責任を負わされることだと思います。 ときには厳しく指導して、キツイ口調で指示を出したり 注意するときに言葉を選ぶ余裕もないことがあるかもしれません。 また、出世に目がくらみ、上司に媚を売るような仕事の仕方をしてしまったり。 『人の上に立つ』人がそれでは、部下はついてきてくれないのではないでしょうか。

従業員全員が仕事をしやすいように、困ったときに調べて見るマニュアルは正確に作成してあるべきです。 無理な連続勤務や毎日残業があるような職場では体力的にも精神的にもしんどいですよね。 残業する人が偉いわけではありません。 シフトを組む時にはひと月に1回は全員に連休を作ったり、自由参加の勉強会や相談会を定期的に開き 居酒屋などで職場での不安を話す場を作るのもいいかもしれません。 そういった工夫をしていることを、他の従業員やさらに上の上司は見てくれているものです。 努力を見逃さないのも、褒めて伸ばすのも、叱ったり注意して激励するのも上司の仕事です。 『人の上に立つ』人は、人を育てるのが仕事なのではないでしょうか。 飴と鞭のバランスは難しいですが「あなたの下で働けて本当に良かった」の一言が、何よりの自信になります。 そんなふうに言ってもらえるような上司に巡り会うことができれば、毎日の仕事が楽しくなるのではないでしょうか。