中古車を購入する際のexpo

中古車を購入する際に気を付けている事があります

飽き性の為車を乗り換える事が多い私は新車ではなく中古車を購入する事が多いのですが中古車を購入する際に気を付けている事があります。
まず車をじっくり見る事です。

 

外装はもちろん車内の隅々まで気になる所がないかチェックします。
ある程度のお金を出して購入する訳ですから堂々とチェックするべきです。

 

時には車屋さんも気付いていなかった傷やへこみを見つける事もあります。
それを指摘すればもちろん値引き交渉に良い影響が出ます。

 

以前私が中古車を購入した際車をチェックしていると外観からは分からなかったのですが車内から見るとフロントガラスに少し違和感を感じました。
良く見るとフロントガラスの端にわずかですが隙間が開いていたのです。

 

事故歴の無い車でしたが何かの衝撃か劣化なのか原因は不明ですがフロントガラスがほんの少しズレてしまっていたのです。
その事を車屋に言うとやはり気付いていなかったらしく10万円程値引きしてくれる事になりました。

 

走行に支障は無い程度ズレでしたので購入する事にしました。
やはり中古車には何かしら欠陥があってもおかしくはありません。

 

売る側と買う側の双方が納得して契約成立する事が大切です。
車に関する知識が無くてもチェックは誰でも出来ます。

 

最後に試乗してみて気になる所が無ければ購入しても問題無いと思います。
慎重に選ぶ事によって中古車の中でも掘り出し物を探し出す事が出来ます。

1年間だけ車を持っていました

私が車を所持した事は1度しかありません。
免許を取って1年、たまたま九州で長期出張に出ていたとき、一緒に働く上司から(この方は九州が地元です)「もう乗らない車があって、車検も1年、走行距離20万キロ、もらってくれない?」との話をもらいました。

 

まだまだ運転技術に自信がなかった私は是非!と2つ返事でOKし譲ってもらいました。
任意保険に入る傍ら良い機会だと、仕事の合間に譲渡や駐車場取得手続きなども自分で行いました。

 

また譲っていただいてから3ヶ月後には関東へ戻る事となり、長距離移動と住所変更手続きを体験しました。
そしてまた2ヶ月後には九州へ出張となり、今度は鹿児島県に赴任しました。

 

当然車で移動し、今度は大阪からフェリーに乗船もしました。
鹿児島任期中に車検が切れる事がわかっていたので、今度は廃車や下取り、次の車の購入経験ができるなあ…と考えていました。

 

ところが車検が切れる1ヶ月前、コンビニの駐車場で何と事故に合いました。
事故とはいっても私が買い物している間に停めていた車にぶつけられたというもの。

 

車体の後部がへこんだだけかな、と思っていましたら、何とバックができなくなってしまったのです。
鹿児島でのいきつけの修理屋さんに運んでもらい、あちらの保険屋さんと色々やりとりをして、修理代をもらうけれども廃車手続きもあちらで行なってもらう、という運びになりました。

 

廃車手続きもやってみたいなあ…と思っていましたから少し残念でしたが、事情が事情なのでお任せしました。
この後はまた関東へ戻る事となり、しばらく車が必要ない勤務地でしたので、所持する事は現在までありません。

 

譲っていただいてからの1年間に、手続きなど色々と経験しておいて良かったなあと思っています。
中古車査定の体験談サイト

更新履歴